ブログ 症状別テーマ

足を捻挫したと思ったらアキレス腱断裂だった(動画あり)

 

茅ヶ崎駅南口の

コクア接骨院の早乙女です。

 

 

10月の土日は運動会が多く

肉離れや捻挫が多く

来院する患者さんの

年齢層が広くなります。

 

 

本日も運動会での

肉離れが2件

ギックリ腰が2件

と急な予約が入りました。

 

 

捻挫や肉離れは

認知度も高く

何かしらこれらの

怪我をした事は

あると思います。

 

 

ただ、中には

多くても2回しか

経験する事ができない

怪我があります。

(再発は数えないとして(笑))

 

 

それは、アキレス腱断裂です。

 


足を捻挫したと思ったらアキレス腱断裂


足を引きずりながら当院に来院。

患「先生〜〜〜!!」

患「足首をグキッっと捻りました」

患「捻挫だと思います〜!!」

患「見てください〜〜」

 

 

 

コ『どうされました??』

患「運動会で走ったら

グキッっと足首を捻って痛くて

来ました」

コ『思いっきり捻ったんですか??』

患「はい!結構捻りました。」

コ『今さっきですか??』

患「15分前くらいです!」

コ『わかりました。では見せてくださいね〜』

 

 

受傷してすぐは靭帯や筋肉の

損傷でも内出血は出ないことが多いです。

 

 

コ『んっ・・・・ちょっと変ですね』

患「んっ??なに何ですが???」

患「捻挫ですよね??」

コ『いや・・アキレス腱断裂してるかも!』

患「えええ〜〜〜!!!!」

患「アキレス腱切れてたら歩けないじゃないですか!!」

患「歩いて来たし、ほらっ!足首だって動くし!!!!」

コ『アキレス腱断裂しても他の筋肉が代償して動くんです」

患「踵から切れてるのに動けるんですか???」

 

 

アキレス腱が切れていても

『足底筋』と言う筋肉が

代償して歩けてしまうんです。

 

 

歩いて来院し、アキレス腱断裂の

可能性がある患者さんの動画です。

 

 

踵からアキレス腱のスジが

見えているモノと

見えていないモノの

違いがわかりますか??

 

 

内出血はこれから出ると思いますが

出血がなく、動かせていたりすると

アキレス腱を断裂したのかとは

思わないでしょうね。

 


応急処置を施し総合病院へ


応急処置を施し

近くの大きな病院に

紹介させていただきました。

 

 

5時間後くらいに

連絡がついたので

状態をお聞きしたら

 

 

 

患者さん曰く

『『病院に着いてすぐに

Dr.「アキレス腱完全断裂だね〜」

Dr.「ちょうど先生がいるからすぐ手術しようか??」

患「えっ???やっぱりアキレス腱断裂なんだ」

患「でっ???手術???」

って感じで無事、手術が終わりました。

本当にアキレス腱断裂だったんですね!びっくりです!!』』


アキレス腱を切っても歩けることを知ってもらいたい


動画のような出血なしで

動かせる状態であっても

アキレス腱の断裂の可能性は

あります。

 

運動会でグキッっと捻った時は

少しもしかしたらと思って

動画の状態かどうか見比べてみるのも

良いと思います。

 

なぜこのような事を記事にしたか!

陳旧性アキレス腱断裂と言い

初診での見逃しにより

初期治療が遅くなる事で

治療が大変になるからなんです。

 

生田らは、12例中6例(50%)が初診時の見逃しであり、そのうち4例は整形外科での見逃しであったと報告しています。( 生田拓也.整形外科と災害外科.2008 )

また、生田がその後に経験した5例中2例(40%)も初診時の見逃しであったことを報告しています。( 生田拓也.整形外科と災害外科.2015 )

つまり、計17例中8例(47.1%)と陳旧性アキレス腱断裂の約半数が初診時の見逃しが原因となっているのです。

 

と見逃しが多い事がわかります。

見逃しの為、初期治療が

遅くなると

腓腹筋近位の短縮が進み

断端間の隙間が大きくなってしまい

瘢痕組織の介在や

軟部組織の短縮も生じており、

端と端を縫合することが難しく

自分の腱を移植しての手術に

なる事が多いです。

 

 

その為、動画のように

腱の動きなどがあるのか

ふくらはぎをつまんで

つまんだ際に足首が動くか

試してみてください。


 

 

-ブログ, 症状別テーマ

© 2021 コクア接骨院