Treatment:治療方法

治療方法

数多くの治療方法が世の中にはたくさんあると思います。

 

患者さんの中には

「治療方法なんてどうでもいいから、腰の痛みを治してくれ!」

「肩の痛みが取れるならなんでもいいから!」

と思っている方がほとんどだと思います。

 

このページにある治療法の説明なんか殆ど見ないかと思いますが
なぜここの治療法にこだわって書くのかというのは
自分自身が悩み抜いて選択した治療法だからです。

 

選ぶ基準

私が悩み選んだ治療法の選択基準とは

 

『家族を健康を守るためには』

 

という基準で治療方法を選び
患者様に医療サービスとして提供しております。

 

 

なぜ選ぶのか

学びたい治療法が出てきたときに必ずすることがあります。

それは 「この治療法は自分の家族の健康を守るために必要なのか?」

という問いを自分自身に問いかけます。

 

 

必要と判断した場合のものだけを選択します。

 

癌と整体との関係性

 

私の家族は妻と二人の子供達がいます。

私の家族の家系はいわゆる、癌の家系と言われています。
癌にならないような生活とは
癌になった場合に私ができることは

と考えたうえで整体治療法の選択を行います。

 

癌とは生活習慣病に位置ずけされます。

癌にならない生活はすべての疾患の発症につながります。

癌というのは一つの疾患であって
ガン細胞ができるメカニズムは日々の生活の中にあります。

 

小さな不調が大きな不調のはじまり

肩こりや腰痛がガンとリンクするか?というと全く考えられないと思います。

肉体的に考察するならば、肩こり腰痛は筋肉や筋膜、骨格などのハリや悪い姿勢などから起こるとされています。

 

例えば筋肉や筋膜、骨格のハリはなんで起こるのでしょう?
組織への血流が悪く酸欠や栄養不足が原因で、筋肉の細胞エネルギーが枯渇し硬くなる。身体を動かす部分の筋肉が硬くなれば骨は引っ張られたまま固定されます。そうすると姿勢が悪くなります。

また、筋肉や筋膜は脳神経からの電気信号で伸びたり縮んだりします。電磁波の影響で脳神経からの電気信号が過剰に促進されたりすると筋肉がつったりします。人間の体内での電気の動きは直流です。心電図も筋電図も脳波も全て直流です。日頃、交流がほとんどの電化製品に囲まれた生活の中では電磁波の影響で体が硬くなったり、電気信号で命令を出す脳神経の働きも狂わせてしまいます。

 

このようなことが理由となり不調が作られて行きます。

 

 

ちなみに、筋肉や骨などの痛みなら整体、整骨院、整形外科と考えられますが、身体で起こる不調の理(ことわり)を無視はできないと思います。部分、部分を端折って「痛みの原因」と説明することがありますが決して間違いではありません。各治療院や各整体院や整形外科が提供するサービスのゴール設定の説明をしているのと違いはないからです。「当院はここまでの治療法を行いサービスを提供していますよ」という表現になります。

 

大きな不調も小さな不調も全ては一つ

筋肉や筋膜が硬くなるほとんどは血流不全からなる不調です。つまり酸欠と栄養不足でありミトコンドリア機能低下症が起因となります。神経の伝達不全も神経への血流不足によって神経細胞が働かなくなるミトコンドリア機能低下によるものになります。

 

ミトコンドリア機能低下によるものが生じると身体を動かすエネルギーが無くなります。エネルギーがなくなるため免疫機能も低下して「炎症」などを引き起こしやすくなります。

また、身体はエネルギーを作ろうと簡単にエネルギーを作れる食べ物を欲します。それが糖質です。甘いものが欲しくなる、またはお腹がへるということになります。これは血糖値に現れてしまいます。
エネルギーが枯渇、糖質が欲しくなる、血糖値が急に上がる糖質を食べたがり摂取する。グルコーススパイクが起こる、低血糖に陥る、また血糖値が上がる糖質を食べたがり摂取する、グルコーススパイクが起こる……。「糖化」が起こってきます。

 

「炎症」や「糖化」が起こったり、電磁波の影響で体内に帯電静電気が多くなると「酸化」が促進されます。よく聞く活性酸素が身体のいたるところに発生すると言うことですね。また、メンタルストレスも直接的に活性酸素を発生させてしまいます。酸化が進むとミトコンドリア機能はますます働けなくなってきます。

「酸化」を直接促進させるのは、日頃の食生活に他なりません。添加物や化学物質や重金属の摂取で体内が炎症し酸化を促進します。

 

ミトコンドリア機能が低下すれば、癌や心筋梗塞や脳卒中のリスクは格段に上がります。

 

大きな疾患につながる小さな不調

全ての理(ことわり)は、人間に都合よく働きません。

 

全ては等価交換です。

 

便利を手に入れたらその代償は必ずあります。

代償とは何か?

不調を引き起こす何かかも知れません。

 

 

現代社会に生きることにおいて、自分の身体を守ると言うことはとても重要です。
痛かったら病院に行けば良いと言う思考が不調や難病を産んでしまいます。

 

日頃の食事が重要だったり
マインドフルネスが重要だったり
コンディショニングが重要だったり
未病の改善が重要だったり
定期的なメンテナンスが重要だったり

ご自身が不調になった時の症状を軽症に済ますと言う意識が必要かと思います。

 

 

治療のポリシー

 

これらを未然に防ぐこと

発症した症状を短期に改善させること

を求めて、治療技術を日々高めています。

 

治療技術を高めるのは

「家族のために」ということもありますが

「家族を守れない自分のために」でもあります。

 

このような決意のもと厳選した治療技術を
みなさまの健康にも必ず
”愛”をもって”為になる” と確信しております。

 

コクア接骨院院長 早乙女貴紀

© 2021 コクア接骨院