交通事故治療

Pocket

放っておくと怖い交通事故のケガ

交通事故のケガ

交通事故のケガは、往々にして事故直後はあまり症状が出ないと言われています。病院でもレントゲンを撮っても、「骨に異常なし」と言われてしまい、シップと痛み止めを渡されるだけ、ということもしばしばです。
ですが、交通事故の代表的なケガのひとつである「むち打ち症(頸椎捻挫)」などは、時間の経つにつれて症状が強く出てきます。

頸椎から胸椎・腰椎などのズレが主な原因となるのですが、放っておくと後遺症の心配が出るなどの危険があります。
もし交通事故にあわれましたら、国家資格を持つ施術師がいるコクア接骨院まで、ぜひ一度ご相談ください。

むち打ち症とは

むち打ち症とは

むち打ち症は、正式には「外傷性頚部症候群」や、「頚部捻挫」などといいます。
車での追突事故などの際に、首や背中に衝撃がかかり、首がムチのようにしなることから生じるので、むち打ち症と呼ばれています。その怪我の度合いも、非常に軽いものから、後遺症を残すものまで様々です。

むち打ち症の種類

●頚椎捻挫型
首の筋肉や靭帯などが損傷され、首、肩、背中の痛みや運動制限が起きる症状です。
●神経根症状型
頚椎から出る神経が圧迫されることにより、首の痛みや頭痛、腕のしびれやだるさ、筋力が低下するなどの症状です。
●バレ・リュウ症候群型
後部交感神経の損傷や圧迫によって頭にいく血流が低下することで、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、眼の疲労などの症状が起こります。

コクア接骨院の交通事故サポート

交通事故のサポート

コクア接骨院では、つらい症状の緩和だけでなく、その症状を引き起こしている根本原因を追究し、根治を目指します。
交通事故の場合、自賠責保険により治療費が出ますので、治療費や診断書料を負担することは一般的にはありません。
また、交通事故の補償や慰謝料のお悩みにもサポートできるよう、法律事務所との連携も取っております。

肉体的にも精神的にも、一日も早い日常復帰ができますように、まずはなるべくお早目に本院までご相談ください。

治療の流れ

STEP1:お電話および、直接ご来院
治療をご希望の方はお電話にてご予約いただくか、直接お越しください。その際に以下のことをご準備ください。
・お取扱いの保険会社ご連絡先(ご担当者名)
・病院受診の方は診断名
STEP2:問診票の記入
交通事故治療にあわせて問診をさせていただきます。
STEP3:触診
怪我の状態を触って確認します。痛み具合、腫れ、患部に熱をもっているか、機能障害があるかなどを、いくつかの検査やテストを行って調べたうえで、治療のプランを組み立てます。
STEP4:治療の開始
症状に合わせて、手技療法、電気療法、冷温法、テーピング、背骨・骨盤矯正などの中から、治療プランを決定し治療をします。同時に日常生活での注意点や、できる部位のリハビリ等も行っていきます。
STEP5:治療の終了
症状が改善されたら、治療完了です。症状により個人差はありますが、3~6ヶ月程度で完治することが通常です。
保険会社に治療が完了した旨を報告し、その他の費用を計算してもらいます。明細の入った示談内容書を確認し、納得がいけばサインをして完了となります。

(柔道整復師 早乙女貴紀 監修)

インターネット予約はこちら
電話予約はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です