熱中症対策!スポーツドリンクを薄めちゃダメ!!塩舐めて水だけ摂ってもダメなんです!!間違った認識してませんか?? | 茅ヶ崎市の接骨院ならコクア接骨院まで

コクア接骨院

  • Facebook
  • LINE 友だち追加

ご予約・お問合わせ 0467-98-3368

月~水・金
:9:30-13:00/16:00-20:00
土曜日
:9:00-16:00(休憩なし)
日曜日・祝日
:9:00-13:30(休憩なし)

予約受付は診療時間内にお願いします。

その他

熱中症対策!スポーツドリンクを薄めちゃダメ!!塩舐めて水だけ摂ってもダメなんです!!間違った認識してませんか??

2018/7/24
画像

Pocket


「うわっ!!!薄っすい!!!」

「ポカリこんなに薄くしてんの??」

 

 

 

「だって濃いと飲みにくいじゃん!」

「薄い方が身体に吸収しやすいからいいって言ってたもん!」

 

 

 

 

「確かに!薄い方が身体に吸収しやすいかも!!」

「減量もしてるしちょうどいいね!!」

「明日からやってみよ!!!」

 

 

 


スポーツドリンクを薄めるって良いの??


 

この猛暑、外にいるだけでも大量の汗が出てしまいます。

そんな発汗量が多い場合の時の水分補給はスポーツドリンクを薄めてはダメです!!!

 

 

その理由は

 

水分補給をする上で最適な塩分と糖分の量とは

ナトリウム  40〜80g/100ml

糖分     2,5〜8,0g/100ml

となっています。

 

糖分も水分の吸収を促進させる役割があるため、薄まってしまってはその効果も減少してしまいます。塩分も十分な補給がされないため効率の良い水分補給にはなりません。

 

 


「薄めて塩分や糖分が足りなかったら、そのぶん薄くなったスポーツドリンクをたくさん飲めばいいんじゃね??」


脱水量が多い時は薄めたスポーツドリンクをたくさん飲んでしまうと、どんどん体液が薄まってしまって「低ナトリウム血症」という症状になってしまいます。

 

低ナトリウム血症になった場合、はじめに軽度の虚脱感や疲労感があらわれます。次に精神錯乱、頭痛、悪心、食思不振になり、痙攣、昏睡という意識障害などにつながり、神経の伝達が阻害され呼吸困難などで亡くなる危険性があります。

 

 

また、塩分や糖分を摂らずに水ばかり摂っている状態で引き起こされる”水中毒”という症状になります。水分の過剰摂取が原因です。これも体液がどんどん薄まり低ナトリウム血症に陥り上記の意識障害などを引き起こす原因になります。

 

特に注意して欲しいのは特に乳幼児において、下痢などで激しい脱水症状を起こした際にスポーツドリンクを大量に与えると、水中毒を起こしやすいです。これは病的脱水時の水補給には、一般的なスポーツドリンクではナトリウム濃度が低すぎることから、低ナトリウム血症になることが原因である。病的な脱水時には経口補水液を用いてください。

 


「塩を舐めて水飲んでれば、脱水症状や熱中症にはならないでしょ〜〜」


 

 

大量の発汗では身体のミネラルは汗と一緒に同時に失い不足します。

食塩だけでは、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルは摂取できません。

 

 

このミネラルが不足するとどうなるのか??

身体のミネラルバランスが崩れてしまうと筋痙攣が引き起こされやすくなります。この筋痙攣とは「足がつる」ということです。よくあるのが、就寝中に汗をかいたり水分補給を怠ったりした場合、明け方にふくらはぎがつるという事が多いと思います。

 

塩で対応する場合(塩対応ではありません)、オススメなのが”岩塩”です。ピンクの色をした岩塩をご存知でしょうか?以前私はヒマラヤ産のピンクの岩塩(ピンクソルト)などを使っていました。ミネラル分も人間の体内のミネラルバランスと同等なため、夏場の登山の際には持ち歩いて塩分の補給をしていました。

 


薄めた方が水分の吸収が速い?


「スポーツドリンクは糖分が濃すぎて水分の吸収が悪いから薄めた方がいいよ」

「甘すぎて濃いから薄めて飲むと飲みやすいよ」

と言われることもありますが、これは必ずしも正しくはありません。

 

 

ポカリスエットやアクエリアスは「等張液(アイソトニック飲料)」といい、安静時のときに効率よく水分が吸収される濃度で塩分や糖分が配合されているのですが、運動時の脱水状態の体は体液が薄くなっているため吸収率が少し悪くなります。

 

一方でポカリスエット イオンウォーターやバームウォーターなどの濃度の薄い飲料は「低張液(ハイポトニック飲料)」といい、運動時の体液濃度が薄い状態と相性がよいため速やかに吸収されます。

 

したがってポカリスエットなどの糖分が濃い目のスポーツドリンクは、水で薄めればたしかに運動時は水分の吸収が速くなります。

しかし、もともと糖分が少なめの飲料では濃度が薄くなりすぎる可能性があります。糖質濃度が2.5g/100mLを下回るまで薄くなると、かえって水分の吸収が悪くなってしまいます。

いずれにしても、水で薄めると塩分・ミネラル補給がしにくくなりますのでやはりよくありません。

 

参照:アストリション

 

管理栄養士さんの監修サイトから抜粋。

 

 

私も高校球児の時は薄めて飲んでいました。それが当たり前と思っていたんですが違っていたようです。

脱水症状の時は体液自体が薄くなっているためポカリスエットやゲータレードなどのアイソトニック飲料を多く飲むとお腹に水分がたまり腹痛になったりした為に薄めて飲めばいいんだと思っていました。

実際に汗だくの夏練の休憩中に大きなタンクに入ったゲータレードを柄杓でガブ飲みし練習再会の時にお腹に溜まり動けなかった記憶があります。

そんな時はハイポトニック飲料にすれば脱水症状の時の体液と同じ状態の為、身体に効率よく水分を吸収することが可能になり運動に差し支えないということになります。

 

 

 

プロランナーはフルマラソンの時に飲むスペシャルドリンクは体調にもよりますが最初の給水所にはハイポトニック系の飲料をオリジナルで作り、レースの最後の方の給水所にはエネルギーを補給するアイソトニック系の飲料を摂るそうです。

 

 

こういった水分補給にも効率の良い摂取の仕方があるということなのです。

 

 

 

アイソトニック飲料とハイポトニック飲料について熱中症の関連記事です。

猛暑続きのこの夏!熱中症対策で何のスポーツドリンクを飲んだら良いのかわからないと感じてはいませんか?

 


まとめ


○スポーツドリンクは薄めていいの?

発汗量が多い時はダメ!

 

 

○スポーツドリンク薄めた場合大量に飲めばいいんでしょ?

低ナトリウム血症になるため控えた方が良いです。

 

 

○病的に脱水(下痢や嘔吐)などをしている場合スポーツドリンクを飲ませるのは良いか?

病的脱水の場合、スポーツドリンクの塩分濃度が少ないため経口補水液を飲ませるのが良い。

 

 

○塩舐めて水飲めばいいんでしょ?

発汗が少ない時は大丈夫だと思います。けれど食塩だけではミネラルも摂れないためオススメしません。できれば岩塩を摂ってください。

 

○スポーツドリンク薄めた方が身体への水分吸収が良いんでしょ??

塩分濃度と糖分濃度がある程度設定され身体に吸収しやすい状態を作っているため、薄くなりすぎると逆に吸収が悪くなります。なのでスポーツドリンクを水で薄めると塩分・ミネラル補給がしにくくなりますのでやはりよくありません。

 

参考サイト

アストリション

公益財団法人日本スポーツ協会

 

ページトップへ戻る