日大アメフト部の選手から学んだ『勇気ある行動』。そこから私が考える接骨院業界の未来予想図 | 茅ヶ崎市の接骨院ならコクア接骨院まで

コクア接骨院

  • Facebook
  • LINE 友だち追加

ご予約・お問合わせ 0467-98-3368

月~水・金
:9:30-13:00/16:00-20:00
土曜日
:9:00-16:00(休憩なし)
日曜日・祝日
:9:00-13:30(休憩なし)

予約受付は診療時間内にお願いします。

お知らせ

日大アメフト部の選手から学んだ『勇気ある行動』。そこから私が考える接骨院業界の未来予想図

2018/5/24
画像

Pocket


日大アメフト部の選手から学んだ『勇気ある行動』。

そこから私が考える接骨院業界の未来予想図を書いてみた。

私は政治や時事問題に関してあまりブログに書こうと思っていなかった。

しかし今回は思う節があり書いて見たいと思います。

 

※今回のこの記事は接骨院業界の闇の部分の記事です。健康意識の高い患者さんやクライアントさんには全く関係のない記事なので別の記事をお読みいただく事をお勧めします。

 

日大アメフト部のニュースを見て上層部の大人達の言い逃れが酷すぎる。

『ぶっ壊してこい』この言葉だけではなくそれ以前の選手に対する異常なまでのプレッシャー。選手も正しい判断も出来ずに加害者となってしまった。

 

選手の記者会見の内容を読むと選手は被害者に誠意を持って対応したいと日大の上層部に言っているのに対し消極的な上層部の意見。

 

自分の罪を認め謝罪をしている選手に対して、大学側の意見ははっきりしない返答を返す。

選手は真っ当に歩みを進めたいと自ら反省し関大の被害者に謝りに行きたい旨を話したが日大側がそれを拒否。選手の気持ちを無駄にし大学組織の立場を尊重する判断をとる。

大学側は時が過ぎれば時期に批判も少なくなると言うような態度。後手後手に回った危機管理。しかもコーチに全責任を押し付ける会見を開き日本の因習が再確認できる幕引きを演じている。

 

当院に来ている患者さんの中にも日大出身の方もいらっしゃって、

「腐ったオヤジ達のせいで若い選手をダメにしている。同じ年のオヤジとして恥ずかしい」

と仰っていたのが印象的でした。

私は日大とは関係ありませんが

今回の事件は

人として

親としても

悲しみを覚えます。

 

 

 

最近の政治も悲しいほど似ている。

 

 

 

言った、言わない。

証拠がある?証拠をなくした?

誰のせい??私じゃない!!他だよ!他!

 

 

責任の所在を転嫁させる言い回しを幾度となく行う官僚や政治家

同じことの繰り返しで、見ている私達がとても悲しくなる。

なんの進歩もなく、毎回同じ過ちの繰り返し・・・・。

 

 

 

 

この、接骨院・整骨院の業界も同じだと思う。

ダメと分かっている怪我以外の健康保険取扱い。

みんなが不正しているから大丈夫だろうと

慢性症状にも健康保険を適用する。

患者さんに原因不明の痛みなのに

怪我として保険請求をすると患者さんに承諾を得て不正を働く。

事実、これは患者さんも詐欺に加担していると言っても間違いはない。

 

 

柔道整復師も患者さんも接骨院を利用する正しいルール

正しい保険診療・療養費の使用の判断ができない状況に追い込まれている。

まるで日大アメフト部の選手と同じだと思う。

 

 

アメフト部のチームの雰囲気や流れの中に身を置き

自分がチーム内で生き残るために正しい判断ができない。

プレッシャーや重圧が自分に降りかかり、

悪いと分かっていながらも上層部の命令に従ってしまい

行う行為の罪の重さの判別はチーム内にいると麻痺してしまう。

 

 

 

接骨院の健康保険の不正請求も

交通事故の不正請求も

今までのこの業界の因習が蔓延っているから永遠と続いている。

不正と知ってルールを守らない。

守らなくっても大丈夫!バレないそれが当たり前と思っている。

そんな業界の流れの中にいるせいで

正しい判別がつかない麻痺している柔道整復師が多くいる。

 

 

 

 

また、患者さんもそうだ!

500円、600円を支払えば

簡単に肩や腰をほぐしてくれる場所

イコール『接骨院』と勘違いしている事が多い。

 

 

 

なぜそうなってしまうのか??

 

 

 

柔道整復師や患者さんを

選手と例えるならば

上層部や政治家は

柔道整復師財団やその他の柔整師団体

厚生労働省と言える。

 

 

 

 

決められたルールをしっかりと監視せず

その業界の力や派閥に左右されて

正しいルールを守る事もできない。

上層部の偉いおじさま達が躍起になって

不正の温床を残して置きたいと

グレーゾーンの維持に根回しをしている・・・・

何かを変えようと進歩する動きには見えない・・・

自分の利益を守ることが最優先となっている事が悲しい。

そんなダメなルールこそ「ぶっ壊してこい」と言いたい。

 

 

 

接骨院での健康保険適用

「保険診療を行うことは国民の義務だ」

と言っている人もいる。

ルールを守って怪我だけに対し

健康保険診療を行なっているならば良いと思う。

それが通常!当たり前だからだ!

多くの接骨院や整骨院が

しっかりと保険診療を守らなければ

このルールさえも「ぶっ壊して」廃止だってありだと思う。

しかし、「国民の義務」「診療を受ける権利」は

無くなる事はない。

ならばしっかりと伝えていかなければならない。

 

 

 

 

今の若い世代の方は健康保険の適用のルールを

理解されている方もいる。敢えて健康保険を使わない。

そう言った方もいらっしゃる。

しかしながら、大半は

「健康保険が使えないなら他に行くわ」と

正しいルールが理解されない場合がとても多い。

 

 

 

 

厚生労働省は

もっと大きく怪我以外は保険は適用できないと

CMでも打って国民に告知したら良いと思う。

 

 

 

 

 

厚生労働省以外の健康保険団体は

 

全国健康保険協会

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3070/r141

 

こう言った取り組みをしている。

 

 

 

このような認知活動をもっと行う事が

誤った理解を生まない教育なのだと思う。

 

 

 

 

今回の日大アメフト部の事件も

大人達のくだらない権威争いや保身のために

若い選手が犠牲になった・・・・

 

 

 

 

この接骨院業界も

自身の保身のために不正請求をしている

因習を変えて行かなければ

衰退に向かっている接骨院業界の未来はないと思う。

 

 

 

 

自分も保険診療をしていたけど

患者の為に自費に変えた。

保険で受ける事に慣れてしまっている人からは

『自費だと高い!』とお叱りを受ける時もあります。

しかし、それでも、私は、

私を縁を持った患者さん達が

健康的で豊かな暮らしをしていただきたい!

と心から考えている。

 

 

 

だからこそ、この業界を変えたいのです。

一人の柔道整復師のたわ言が

この業界を変えるとは思ってはいないです。

しかし、言わずに諦めているよりは

何かを伝え感じた方が少しでも居たら

嬉しいと感じたからです。

 

 

 

私が儲かるから自費にする!って事でもなく

患者さんの為にも

自分の為にも

未来の子供達の為にも

変わらないといけない。

 

 

 

 

私はそう考えています。

 

 

 

 

今まで心の中でただ思っていたことだったのですが

日大アメフト部の選手の勇気に触れ

私自身も発信してみよう!と思いました。

少しでもこの接骨院業界の為に

理解ある人が増えてくれたらと思い

発信してみました。

 

 

 

こんな想いにさせてくれた

日大アメフト部の選手の会見の行動に敬意を払いたいと思う。

 

ページトップへ戻る